• 睡眠薬による傾眠傾向と不安障害について

    2016年1月14日

    不安障害を発症した時、睡眠薬を処方される事が多いです。しかし、患者によっては副作用で傾眠傾向に陥り、社会生活を健康的に営む事が難しいケースも少なくないです。不安障害に加えて傾眠傾向による様々な症状に長期間にわたって苦しめられます。 傾眠傾向であると感じた時は家族や周囲の人間がすぐに専門の医療機関を...

    記事の続きを読む