睡眠薬で安眠生活

睡眠薬を使いたくない時にはセントジョーンズワートを

なかなか寝付けない、眠ってもすぐに目が覚めてしまう。けれど睡眠薬は使いたくない。
そんな人は睡眠薬ではなく、サプリメントを使って睡眠障害対策を行ってみる方法もあります。脳内の神経伝達物質の一つにセロトニンがあります。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれているほど人間の精神状態にも大きな影響を与え、不足していると落ち込みやすくなったり、感情のコントロールが効かない、うつ症状が出る、といった状態になってしまうのです。このセロトニン不足によって睡眠障害も引き起こされると言われていて、セロトニンの分泌を増やすことが睡眠障害対策になると言われています。
人間が眠るときには脳の松果体から分泌されるメラトニンがかかわってくるのですが、その原料となるセロトニンが不足しているとメラトニンが生成されなくなり眠れなくなってしまうのです。そのため、睡眠障害対策にはセロトニンを増やすことが重要だと言われていて、セロトニンを増やす効果のあるサプリメントがセントジョーンズワートなのです。海外では不眠症対策にセントジョーンズワートは古くから使わていて、最近では睡眠薬を使いたくないという日本の人にも注目されているサプリメントです。セントジョーンズワートにはセロトニンを増やす効果があり、通常ならば脳の細胞に吸収されてしまうセロトニンの吸収を阻害する効果もあるため、精神を落ち着けて睡眠を促す効果があると言われています。また、セントジョーンズワートはうつ症状などの気分の落ち込みやイライラなどにも効果があり、更年期障害の女性にも注目されています。海外ではその高い鎮静効果から医療機関での処方薬としても使われているもので、安全性も高いと言われています。