睡眠薬で安眠生活

睡眠薬の過剰処方と第2類医薬品の役割

睡眠薬の過剰処方の問題に関してはその薬の依存症と関わりが深いのですが、新しいタイプの睡眠薬に関しては依存性が少なくなっているのであまり問題にはならないとされています。しかし睡眠薬の過剰処方を続けていると不眠の症状を根本的に改善することができなくなるので、健康に対するリスクを高める結果になります。睡眠薬の過剰処方の問題は医療機関による指導不足が関係していて、患者が不眠の症状を訴えた時に薬に頼らない改善方法を指導していないので、睡眠薬を服用して眠るのが習慣になってしまいます。不眠の改善方法としてはカフェインを摂取しないことや寝る前に激しい運動をしないことなどがあります。患者の多くはストレスが原因で不眠を訴えますが、高齢化が進んでいる日本の場合は日中の活動量が少ないために不眠になっている高齢者が多くなっていて、この場合は薬を服用する前に生活習慣を改善するための指導を行わなければなりません。第2類医薬品は風邪薬や解熱鎮痛薬、水虫薬などが含まれていますが、基本的には薬剤師や登録販売者に相談の上で使用上の注意をよく読んでから服用しなければならない薬です。第2類医薬品は比較的安全性が高い薬ですが、副作用が起きる可能性もあるのでマニュアルを読んでから服用する必要があります。市販されている睡眠導入剤などに関しては眠気以外の副作用がないことから一般用医薬品として分類されることが多いので第2類医薬品よりも安全性が高いとされています。睡眠薬は不眠の症状が続いた時に服用するものなので眠れない場合は薬に頼る前に原因を考えたり、ストレスを解消するなどの対処が必要とされます。睡眠薬は脳に作用する薬なので安易な処方をすると依存性だけでなく、集中力の欠如などの問題も引き起こします。