睡眠薬で安眠生活

睡眠薬の代用にアロマを改善薬とした方法

アロマにはリラックス効果や良質な眠りを促す作用があります。睡眠薬とは違い即効性が期待出来無いと言った欠点はありますが薬アレルギーや副作用の心配が無い点等、睡眠の改善薬には非常にメリットが多いです。また値段も1瓶500円から1000円程度で睡眠促進効果のある香りの種類も豊富なので趣味の一貫として日替わりで「昨日はラベンダーだったから明日は柑橘系のグレープフルーツにしようかな」と言った楽しみ方もあります。ちなみにグレープフルーツの香りはダイエット効果も期待出来きるので比較的に楽しみながら実践出来ます。具体的なアロマの使用方法は就寝30分位前に睡眠促進効果のあるラベンダーやグレープフルーツやバニラ等のオイルをアロマポットや、お風呂に浮かべるタイプと言った方法で使用します。アロマ使用の注意点は、うつ病やその他の病気の治療の改善薬として睡眠薬を服用した方が良い場合もありますので、その場合は医師の相談の元に睡眠薬服用の判断に従って下さい。またラベンダーの香りが苦手な方は柑橘系やバニラ、美肌効果のあるオレンジスイート、精神的にダメージにも効果のあるカモミールローマンやストレス解消に効くネロリ、シミやシワ等にはプチグレン、むくみ冷え症改善にも効くマジョラムスイート等、睡眠の他にも色々な効能
が沢山あるのでサンプルの香りを参考に自分に合ったアロマを見つける事で嫌な香りによるストレスを感じる事が無くなります。また、小さな子供やペットの前ではアロマの使用を避けたほうが良いです。これらの注意点に注意した上で無理をしない程度に少しずつ生活にアロマを取り入れる事によって睡眠薬に依存する事無く不眠の改善薬として多いに役立ちます。