睡眠薬で安眠生活

睡眠薬の一覧と反復性過眠症の症状

日本で処方されている睡眠薬の一覧を見ると入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒、熟眠感欠如などのタイプに分類されていて、それらに応じた睡眠薬のタイプを見分けることで処方をしています。古くからある睡眠薬は眠りを導く力が非常に強いのですが、過剰摂取をすると重篤な副作用が起きる可能性があるので、よく使用されている睡眠薬の一覧には含まれていないこともあります。現在主流となっている睡眠薬の一覧には安全性の高い抗不安薬の成分を利用したものが多くなっていて、安全性が高いので多くの病院で処方されています。副作用は高齢者に多く見られるのが特徴で、倦怠感や記憶障害、筋弛緩作用などがあります。高齢者の睡眠障害は昼間にあまり活動していない人に起こりやすいので安易な処方は控えなければなりません。睡眠薬は重篤な不眠症に投与されるものですが、現状では不眠を訴えれば処方されるので高齢者が睡眠を改善することなく服用しているケースが多いとされています。反復性過眠症は睡眠時間が異常に長くなる病気ですが食事やトイレにはきちんと起きているという特徴があります。青年期に多いとされる病気で反復性過眠症と診断されるためには、2週間程度傾眠状態が継続していて、毎日15時間以上眠り続けることが必要です。反復性過眠症になると精神的な症状が出ることがあるとされていて、攻撃的になったり、衝動的行動が多くなるとされています。また食欲や性欲が抑えられなくなる場合があるので、精神面のケアが必要になる場合もあります。この病気は放置しておくと治療が困難になることが多いので初期の段階で予防するために薬物療法が行われることになっています。反復性過眠症と似たような病気にはクライネ・レビン症候群があります。