睡眠薬で安眠生活

睡眠薬とホットミルクの効果と正しい寝姿勢

睡眠薬とは、眠る時の不安感や緊張をとり睡眠しやすくするための薬になります。種類はさまざまなものがあり、脳に直接的に働きかけるものや眠るために必要なセロトニンなどを分泌させるなどの働きがあります。睡眠薬を使うことによって眠りやすくなる反面、使うのを止めると反発症状が出てきてしまったり、耐性ができてしまう、翌日に効果が持ち越されてしまうなどのデメリットが上げられます。
このような睡眠薬に頼らない睡眠を行なうためにはさまざまなことが必要ですが、すぐに行なえる対策が自分に合った敷き布団にすることと、寝る前にホットミルクを飲むことです。
ホットミルクは昔から眠るために飲むと良いと言われている飲み物です。ホットミルクに含まれる成分やプラシーボ効果、深部体温上昇によって眠りが促されるようになります。ホットミルクには交感神経の働きを抑えてリラックス効果のあるカルシウム、自律神経を整えるビタミンB12、セロトニンを生成させるトリプトファンが含まれているため眠るためには効果的です。
敷き布団は、自分に合ったものを使うことで寝姿勢が良くなります。間違った寝姿勢が身体に負担をかけてしまい、腰痛やこり、手足のしびれなどの原因になってしまい、寝にくいと言うことも考えられます。理想的な寝姿勢としては背骨が自然なS字になります、立った姿勢と同じ状態でこの状態で眠ることができればリラックスした状態になれます。このS字の状態になるには敷き布団が重要です。この理想的な姿勢を作るためには、重さの異なる身体の部位を均等に支えるような敷き布団を選ぶことによって自然なS字を作ることができるようになり、身体の血行を妨げること無く眠ることができるようになります。