睡眠薬で安眠生活

睡眠薬で安眠する為のタイミングは

睡眠薬を飲んでも、なかなか眠れないという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
薬を飲んでも寝付けないとなると、相当なプレッシャーを感じるため、ますます不眠症に悩まされることになります。

睡眠薬には、色々な効能があります。
例えば、寝付きを良くする薬、それから熟睡できる薬などです。
寝付きが悪い人には前者が処方され、睡眠の途中で目が覚めてしまう中途覚醒や、朝早く目が覚めてしまうという早朝覚醒といった症状がある方には、後者が処方されることが多いです。
また、寝付きも悪く、熟睡もできない人には、両方の薬が処方される場合もあります。

さて、睡眠薬を処方されると、ほとんどが寝る前に飲むように言われるはずです。
では、どのタイミングで飲むのが一番良いのでしょうか。

例えば、普段23時に寝る習慣がある人がいたとします。
この場合、何時に睡眠薬を飲むのが最も効果があるかご存知でしょうか。
答えは、寝る15分前です。

睡眠剤を飲んだ後、その成分の血中濃度が高まるのは15分後と言われています。
ですから、それよりも先に飲んでしまうと、寝る15分前に飲むよりも効果が落ちることがあります。
もちろんすべての方に当てはまるとは言えません。なぜなら、症状や体調は人によって違うからです。

しかし、必要以上に早く睡眠薬を飲むと効果が出にくいというのもまた事実です。
23時に寝る人が、21時頃に睡眠剤を飲んでしまうと、効果が薄れる可能性があります。
人間は、普段寝ている時間の2時間前という時間帯が、一番寝にくいためです。
仮に、早めの服用で眠りにつくことができたとしても、いつもより早い時間に寝てしまったことで、深夜に目が覚めてしまうこともあります。

以上のことからも、睡眠薬を使用して安眠するための服用のタイミングは、寝る15分前が理想的でしょう。
●睡眠薬を服用の前にネキシウムで胃を正常に戻す
眠れない夜に睡眠薬をネット通販で購入する